(じゅうろく)

基盤

学生時代、アルバイトで「らーめん山頭火」に入り、そこからラーメンに魅せられ「山頭火」にて基礎を学びました。その後、東京の老舗「かおたんラーメン」にて、店長を務め、ラーメンを作り続けて21年になります。

お知らせ

テレビ放映 1月25日 NBC  Pint
番組内おおくラーメン同好会にて
放映していただきました。
ありがとうございました。
期間限定 昨年大好評だった
冬限定らーめん
冬の恵み
~ホワイトソース仕立て~
始めました。

秋冬限定の毎年恒例の味噌も、
白味噌、赤味噌
でやってます。
営業時間 しばらく
火曜から土曜まで
21時までの
営業とさせていただきます。
(日曜は通常通り15時まで営業)
ご迷惑をお掛け致しますが
よろしくお願いいたします。
感謝デー 毎月16日は16の日!
16(塩味)を200円引きで
提供です。

原点回帰のスープと込めた思い

昨今のラーメンは、より斬新に、よりよいものを使用し、より濃厚に、という潮流があり、どんどん複雑化し高価な一杯へとなっています。

16では、ラーメンの原点に回帰し鶏だけでどこまで美味しいスープがとれるか!に挑戦した 一杯を作り上げました。
鶏100%でとったスープは、提供できる状態になるまでに二日間かけます。
ラーメンの世界では濃厚の代名詞となっている白湯ですが、私には油が多い。野菜を使うと、雑味にもなり鶏本来の味ではなくなってしまう。(野菜を使うことにより、旨味を増幅させることと臭みをとることができるメリットがある)
白湯のコク、奥深さをそのままに、油を極力取り除き、鶏100%のため、いかに臭みをとるか、様々な工夫をし手を抜くことなく丁寧に作り上げたスープです。お客様がバターが入ってるようだ(入ってません)とおっしゃる濃厚なコク、なのにあっさり感がある、慈味深い味わいを感じていただけると思います。

出来上がったスープに合う麺を東京の製麺所に作っていただいてます。スープに負けない味の強さと、じっくり味わって食べていただきたいと思いコシが強くのびにくい麺になっています。その麺を最大限にいかすため、大鍋で麺をしっかり踊らせてムラなくゆであげ、平ザルでしっかり湯切りするスタイルをとっています。回転のさせやすさや技術を必要としない手軽さから、ゆで麺機が主流となり、あまり見かけなくなったスタイルですが、ゆで上がり、湯切り力、圧倒的に差が出ます。麺の美味しさも感じていただけると思います。

スープをダイレクトに味わえるので店の名を冠した「16(塩味)」が当店の看板商品となりますが、お客様の好みで選んでいただけるよう、醤油、唐辛子、胡麻を加え4種類の味を作りました。どれもスープのよさ、素材の味を大事に作り上げています。唐辛子、胡麻はあまり見かけないかと思います。是非お試しください。

店構えが、割烹料理店、寿司屋のようにかしこまってて、入りづらかったとのお声をよくいただきます。
ラーメンは、いつでも誰でも気軽に食べれる食事です。ですが、その一杯にかける手間、時間、食材への思い、どのジャンルの料理にも負けないと自負してます。
割烹料理を食べるように味わっていただき、一杯のラーメンの奥深さを感じていただけたら幸いです。

期間限定について

料理は四季が感じられるのも醍醐味の一つと思います。らーめんでは、なかなか感じる事も難しいと思いますが、四季の旬の食材を使った限定らーめんを提供しています。らーめんにこんな食材?と思われるものもあると思いますが、しっかりらーめんとして仕上げています。納得いくものを作るため値段が少し高めですが、価値ある一杯です。是非試してみてください。

店主

powered by crayon(クレヨン)